永代供養で先祖をしっかりと供養しよう

最近、永代供養という言葉をよく聞くようになりました。日本では少子高齢化によって、先祖代々のお墓を守る人が年々高齢化し、その子供は都会で働いているケースが増え、お墓を守ることがとても困難な人も増えています。そんな人たちに選ばれているのが永代供養です。
永代供養には、通常のお墓のように自分でお墓を建てて供養する方法もありますが、他の人の遺骨も一緒にする合祀もあります。この供養方法では、小さな墓石ではなく、大きな墓石の下に埋葬をしたり、大きな樹木を墓石に見立てて埋葬したりする方法もあります。自分でお墓を立てる費用をおさえられ、供養料金もとても安いです。
都会で働いていて、田舎に先祖代々のお墓がある場合では、そのお墓を守っていくためには、お墓の引っ越しをするか、それとも自分たちが田舎に引っ越すかどちらかを選択する必要が出てきます。しかし、永代供養を選べば、どちらの引越しをする必要もなく、先祖をしっかりと先祖を供養できるようになります。
メニューを閉じる