永代供養は費用が安く済むのがメリットであり、そのことを理由に申し込む方も多いでしょう。しかし同じ永代供養でも、タイプによって費用相場は大きく違ってくるのです。
まず、最も費用が安いのは「合祀タイプ」であり、5万円~30万円程度が相場になります。一般的なお墓が200万円近くになることが多いことを考えれば、かなり安く済ませられるということが言えるでしょう。合祀というのは他のご遺骨と一緒に埋葬をすることであり、管理のしやすさなどから安くなっているのだと考えられます。
次に費用が安いのは「納骨堂タイプ」であり、10万円~80万円程度が相場になります。こちらのタイプは、ご遺骨を個別に安置することができるため、安くしたいが個別安置がいいという場合に向いているでしょう。
そして最も費用が高いのは「個人墓タイプ」であり、150万円~300万円程度が相場となっています。こちらは墓石代がかかるため高くなってしまうのですが、一般的なお墓の形にしたい場合などに向いています。
メニューを閉じる