永代供養のメリットとは

永代供養のメリットとしては、まず「後継者がいなくても安心して管理を任せられる」ということが挙げられます。契約時に料金を支払えば、後は寺院や霊園に管理・供養を任せておけるため、後の心配をする必要がありません。誰も管理してくれないお墓は、いずれ無縁仏として扱われることになりますが、永代供養であればその点でも安心できます。
次に挙げられるメリットは、「一般的なお墓を建てるよりも安く済む」ということです。永代供養でも個別にお墓を建てるタイプは高くなってしまいますが、他のご遺骨と一緒に埋葬する合祀タイプや、室内に個別安置する納骨堂タイプであればかなり安く済ませることも可能です。
そして永代供養の場合は、「宗派などに関係なく申し込みができる場合が多い」というメリットもあります。寺院墓地の場合は、そのお寺の宗派でないと申し込みができないというケースも少なくないのですが、永代供養であれば宗派や宗教を問わず受け入れてもらえるケースが多いと言えるでしょう。
メニューを閉じる