永代供養を選ぶときのチェックポイント

永代供養をどこでお願いしようか選ぶ際には3つのチェックしたいポイントがあります。
1つめは管理の頻度です。
永代供養とは、お骨をお寺や霊園に預けて供養と管理をしてもらうことです。供養や管理の頻度はお寺や霊園によって違います。こまめに管理をしてもらえれば、安心できることでしょう。申し込みをする前には、供養方法や管理の仕方を確認してみてください。
2つめは契約期間です。
永代供養は契約期間があります。契約期間はお寺や霊園によって違いますが、17回忌や33回忌などが区切りになります。子孫の代まで長く管理をしていきたい、もう高齢だからそれほど長くなくてもいいなど、人それぞれ理由があります。自分にあった契約期間を選びましょう。
3つめは立地条件です。
永代供養墓は生前に契約をすることができます。契約前には見学をしますが、立地条件が悪いようなところでは何度も見学に行くのは大変です。交通の便がよい、駐車場が完備されているなどだと通いやすいです。
メニューを閉じる