近年増えている永代供養の特徴について

最近では永代供養する寺院や墓地が増えています。しかし、永代供養について詳しく知っている人は少ないのが実情です。今回は永代供養の特徴について紹介したいと思います。

・永代供養は供養や管理をお任せする供養方法
永代供養は寺院や墓地に遺骨の供養や管理をお任せする供養方法で、供養に関する意識の希薄化やお墓の後継者がいないといった問題から注目を集めています。

・永代とはいっても未来永劫という意味ではありません
永代供養の永代とは未来永劫という意味ではなく、寺院や霊園が定めている期間という意味であり、多くの場合では33年〜50年程度となっています。

・供養方法は合祀と分骨型に分かれています
永代供養の供養方法は遺骨を他の方と一緒に供養する合祀と、個別に分けて供養する分骨型の2つに分かれています。合祀の場合は費用が分骨型よりも安いというメリットがありますが、一度合祀してしまうと再び分けて取り出すことは出来ないというデメリットがあります。それに対して分骨型は費用は合祀型より高くなりますが、個別に管理されるというメリットがあります。

・墓地の費用を安く押さえられる
永代供養では墓石の購入や墓地の管理料が必要とならないので、一般的な個人墓よりも費用を抑えることができます。
メニューを閉じる