近年ではお墓の事情も変わってきて、色々なタイプのお墓や墓石がありますが、此れは此れでよろしいのですが、お墓や祭祀、法事のことにあまり関心がない人たちも増えているとされています。 其れとは逆にある事情によってご先祖様のお墓参りが出来ない方もおるようですし、そんなときに墓地を持たないお墓の代わりに永代供養というやり方や考え方があります。

一般的にはお墓参りというのは檀家寺にお墓や墓地が有って其処のご先祖様の遺骸や遺骨としての魂印が残っていて、定期的に法事などの法要などを行いますが、この事自体をお墓の所持に関する「永代使用」といっています。 つまり、お墓を管理する立場でお寺や寺院に永代に亘って使用するために使用料を払って其の権利を取得し、その土地や墓地を永代にわたって使用することになります。

一方では、近年都会などで見られるような「永代供養」という方法が浸透しているようで、
事情があってお墓参りに行けなかったり、出来なかった場合は、「永代供養」といって、お寺や霊園、更には一時預かりの納骨堂などが遺骨を預かり、永代にわたって供養してもらうといったやり方になるのです。 ただ、永代といっても永久ではないらしく、契約した期間のみということになるようです。