PR|東京都でゴミ屋敷を解決|姫路で相続に強い弁護士|銀座でブライダルエステをお考えなら|体の歪みをとる|三宮でダイエットで評価の高いエステサロン|

何かと話題になっている墓じまいなのですが、これは要するに墓をしめる、ということになります。墓を終える、ということでもあります。わたしも実家の岡山県で墓じまいの相談を受けたことがあります。墓じまいなのですが、これは遺骨を洗う方法などやることにいくつかの理由があったりします。そもそも墓がそのまま次世代に継承されるのであればそのまま使っても問題はないのです。それができないからこそ、墓じまいをする、ということになります。

さて、墓じまいとは墓を終わらせるわけですから、更地の状態にして返すことになります。その為、意外とそこでお金がかかることになりますから、まずはその費用を確認するとよいでしょう。墓石は撤去する必要性があるのでその費用がかかるわけです。また、当たり前ですが遺骨をどうするのか、ということになります。さらにいえば自分が死んだときにはどうするのか、という問題もあります。墓じまいとはこのあたりをしっかりと解決させる必要性があります。

多くの場合、改葬をする、という選択をすることになります。墓を撤去して、違うところに、とするわけです。それではまた墓に入れるのか、ということになりますがそうではなく、永代供養という形にするわけです。合祀されるような形になりますから、骨も整理できて供養も一応はされている状態に、とすることができます。墓じまいにおいてはこの方法が最もポピュラーであるといえます。

肝心の自分の骨はどうするのか、ということになりますが死んだ後のことなので気にしない、という人もいますが散骨、自然葬という選択肢を考える人が多くなっています。私が住む松原でも家族葬が増えているのと同じ流れかもしれませんね。要するに山なり海なりに捨てる、ということです。これはやってもらうように手配しておく、という必要性があります。墓が完全に自分のものであればよいのですが、親戚一同のものであったりしますと墓じまいをすることに関してかなり面倒なことになる可能性がありますから、その点はしっかりと話し合いをするようにしましょう。本当にこれは必須になります。

 PR|美容と健康女性ランキング|英会話ノウハウ勉強会|クレジットカードの即日発行じゃけん|工務店向け集客ノウハウ|会社経営に必要な知恵袋|AGAお悩み相談.com|注文住宅のための用語集|女性向けエステ.com|

メニューを閉じる